運転免許証の有効期間を延長する手続き超簡単だったin埼玉県

時事ネタ

こんにちは!愛と破壊の戦士あずあみです。

私は埼玉県内の超ド級の田舎に住んでいます。
田舎住みにとっての三大必需品といえば、虫耐性、コミュ力、自動車ですよね!

虫耐性もコミュ力もない私が、唯一持っているのが自動車なんですけど(軽)、ついに来ました。
春生まれの私のもとに、運転免許証の更新手続きのハガキが。

面倒くさいけど行かなきゃなーと思っていたんですが、コロナで大変な状況となり、なかなか行けずにいました。

そして、そろそろ行かないと本当にまずいぞ、と不安になったので、調べて行ってきました~。

最初に結論だけ見たい人のために、ざっくりまとめときます!

①更新のハガキ来る
②免許証持って警察署に行く
③警察官に延長のお願いする
④終了!おめでとう!

めちゃくちゃ簡単でした。警察署に着いてからの所要時間は約5分。(あずあみ調べ)

詳しく知りたい方は、以下の文章も読んでいってくだされ。

今は運転免許証の更新手続きが出来ない!

私は埼玉県民なので、埼玉県の情報となりますので悪しからず。

まず、今現在は運転免許証の更新手続きはお休み中です!したくてもできません!

今年(2020年)3月13日から「当面の間」は休止するそうです。
具体的に、いつから再開するのかというお知らせはありません。
私は実際に窓口へ行きましたが、そこでも具体的な日程は教えてもらえませんでした。

特に埼玉県は緊急事態宣言も解除されていないので、いつからっていうのが言えないんでしょうね。こればっかりはしょうがないです。みんないい子に従ってください。

運転免許証の更新延長手続きの流れ

今は運転免許証の更新ができないですが、それでは運転免許証が使えなくなっちゃいます。有効期間は変わらないのでね。でもそれは困ります。
そのための応急処置として、更新延期の手続きで対応しているのです!

延長手続きの流れを以下にまとめます。

①まず、更新のお知らせハガキを確認

更新の時期じゃないと関係ない話なのでね。一応確認してください。

②更新の手続き期間を確認

更新の手続きの期間を確認します。具体的には、コロナが落ち着きそうな期間かどうか確認しましょう。

手続きだけしちゃっても良いのですが、なるべくこういう手続きの回数は少ない方が楽なので。
コロナが落ち着きそうな期間まで猶予があれば、そのころまで少し様子見しても良いと思います。

私の場合は、まったく落ち着かなそうな期間だったので延長手続きをしてきました。

③警察に出頭する

間違えました。警察には手続きをしに行きます。
ハガキに記載されている、更新手続きの期間内であればいつでもOKです。

なんで警察に行くのって緊張するんでしょうね~。悪いことしてないのに。。

持ち物は、運転免許証だけで良いそうですが、私は一応更新のハガキも一緒に持っていきました。
最後にハガキをサラッと確認されたので、持って行ってもいいかもしれません。

④警察官に全部おまかせ!

警察署に着いたら、運転免許証の更新をしてくれる所を探します。
私の出頭した行った警察署では、入り口に大きく「こちら!」みたいな案内が出ていました。

その案内を読んでもよくわからずキョロキョロしていたら、見かねた警察官が声をかけてくれました。
「免許証の更新ですか?こちらです~」って優しく教えてくれました。

担当の警察官へ、更新延長の手続きに来ましたって伝えると、免許証を渡し、代わりに番号札を貰って少し待ちます。
私はド級の田舎に住んでいるので、警察署には私以外の一般人は誰もいませんでした。

1分ほどで呼ばれ、書類に記入するよう頼まれます。名前と生年月日、免許証の番号くらいで、特別難しいことは何もありません。
記入した用紙を渡すと、再び少しだけ待たされます。

1分ほどで呼ばれ、免許証の裏側に「延長OK!」みたいな書き込みをして貰ったのを確認し、終わりです。
この延長OKの書き込みに、延長後の更新期間も書いてあるので、この期間以内に免許証を更新します。

最後に、「更新のハガキってあったりします?」と聞かれたのでホイホイ見せると、「あ、OKっす」ってなってました。何の確認なの?それ必要なの?まぁ良しとします。

とにかく、警察署に着いたら、警察官に全部お任せすれば大丈夫です!

運転免許証の更新期間延長手続きのまとめ

めちゃくちゃ簡単でしたね。
ハガキ来る→免許証持って(お好みでハガキも)警察署へ→警察官に頼む→終了!

私の場合、超ド級の田舎に住んでいるので、警察署には全く人がいませんでした。
しかし、都内とまではいかなくても、少し都会に住んでいる人の場合は、混み合ってしまう可能性もあるので気を付けないとですね。

有効期間に余裕のある人は、書類の郵送でも同じ手続きができるらしいので、もしならそっちを活用してみてもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました