死にたい人に生きて欲しいと伝える罪深い行為を繰り返してるので地獄行きが決定してます

破壊的思想

あずあみです。

身近な人がガンと宣告されました。

人の死と向き合う時。
私はいつも、手足の自由を奪われ、無理矢理に首を向けられ、目をこじ開けられ、「これが死だ、見よ」と乱暴に向き合わされます。

大人だから澄まし顔をしていますが、心の中では泣きわめいて地団駄を踏むほど取り乱しています。

私は、死が身近なものであり、誰にでも、今すぐにでも訪れるものだと自覚しています。
しているつもりです。

それなのに、死と向き合う時はいつでも恐ろしいほど新鮮な衝撃を受けます。
胸を圧迫されるような、頭が冷たくなるような、焦点が合わなくなるような。

生物にとって「死」は圧倒的で絶対的な恐怖です。

そのガンは、手術をしなければ余命が1年ないとのことでした。
私の身近な人は、私の大切な人です。

私の大切な人は手術に意欲がなく「このまま死んでもいい」などと言います。
私はどうしても、それを受け入れることができませんでした。

「死にたい」と言う人に対して「あら、そう」と言えないのです。

私は何度も何度も何度もこういった経験をしてきました。
「死なせてくれ」と言う人に「生きてくれ」と伝えてしまうのです。

今回はこのことについて書きます。
もう愚痴に近いかもしれません。すみません。

悪いことをしたら地獄へ落とされる

みなさん知っていますか。
この世で悪いことをした人は、死後は地獄へ落とされるんですよ。

宗教に詳しくない私は、曖昧なことしかわかりません。
とにかく、悪い子は死んでからも罰を受けるために、地獄へ落ちて苦しい思いをするのだということだけ知っています。

私は「死にたい」と言う人に対し「生きて欲しい」と伝えることを繰り返してきました。

あなたの目の前で、あなたの大切な人が静かに「死にたい、死なせてくれ」と泣きながら呟いたとしたら。
あなただったら、何と声をかけるでしょうか。

私と同じように「生きて」と言ってしまうのではないでしょうか。
申し訳ないけれど、生きて欲しい、と。

私は、これはとても罪深いことだと思うのです。
悪いことだと思うのですよ。

なぜか、という詳細はこれから書くとして。

たくさんの「生きて」を伝えてきた私は、もうとんでもなく悪い子です。
罪に罪を重ねた大罪人です。

こんな人間は、確実に地獄行きですね。

地獄行き決定済みアラサーです。
お先真っ暗、というか死後真っ暗、もはや死後地獄へまっしぐら、って感じです。

どうですか、可哀相ですよね。とっても。ね?…ね?

少しでも可哀相と思ってくれたのなら、この先ももうちょっと読んでいってください。
後味悪くなりそうな記事だなぁ、と感じて閉じようとしているあなた、お願いします。
もうちょっとだけ。

死にたい人に「生きて」は罪深い

「死にたい」と訴える人に対して「生きてくれ」と伝えること。
これはとても罪深いことです。(あずあみ論)

なぜそう思うのか。
私なりの意見を以下に述べますね。

罪状①無責任すぎる

「死(終了)」を選択しようとした人に「生(継続)」を選択させるということは、それなりの責任が伴うと思うんです。

例えばですよ。
21時まで勉強をして眠ろう、と決めていた人がいたとして。
その人に「24時まで勉強してくれ」と頼んだとしたら。

21時までと決めていた人にとっては、その意見をのんでも何もメリットがないですよね。
傍から見たら「多く勉強できて良いじゃないか!」と思えても、本人がそう感じていなかったらメリットにはなりません。
本人が勉強よりも睡眠を欲していたら、周りがいくら「良かったね」と言っても、本人は睡眠時間を削られてしまい面白くないでしょう。

「24時まで勉強してくれ」と頼んだ人は、せめて夜食を用意するとか、次の日の朝には起こしてあげるとか、そういった気遣いが必要になると思うんですよね。

本人にとっては勉強よりも大切な睡眠時間を奪っておいて、ただ「24時まで勉強してくれ」と頼むというのは無責任すぎるでしょう。

「死にたい」と言う人に「生きて」と言う。
それだけでは、どうにも無責任が過ぎるよなぁと感じてしまうんです。

人が人のために出来ることなんて、たかが知れています。

どう頑張っても、私はあなたになれない。
あなたもまた、私にはなれない。

死にたがっている人に、いわば夜食を作ったり、次の日の朝起こしてあげたり、そんなことは出来ない場合が多いんですよ。
悲しいけれど。

なので、「生きて」とだけ伝えるのは無責任な悪いことだと思っています。

罪状②エゴ(わがまま)である

本人が望んでいることを、否認する。
「食べたい」と言う人に対し「食べちゃだめ」。
「死にたい」と言う人に対し「生きて欲しい」。

ただ自分がそうして欲しいから、相手にそれを強要する、というのはエゴです。
結構なわがままですよね。

あなたはなぜ、死にたがっている人に生きて欲しいと願うのでしょう。
死にたがっている本人はそれこそ、死ぬほど辛い、死んだ方が楽だと言っているのに。
生きていたほうが良い、なんて、何の根拠があって伝えるのでしょう。

死にたい人に生きてと頼むのは、あなたのわがままではないですか。

目の前の人を亡くしたくないのは、死んでほしくないのは、あなたが悲しいからではないでしょうか。

「生きて」と願う言葉は強烈な言葉です。
まるで「食べたい」と言う人に「食べちゃだめ」と言うどころか「吐いて」と言うほどに強烈な言葉。

この場合の生は、死の否定ではなく、死の反対だと思うのです。

死にたい人が生きようとするとき、そのベクトルは真逆にしなければならないと感じるからです。

そんなにも苦労をさせるのに、自分のエゴで「生きて」と伝えるのは悪いことだと思います。

地獄へ落ちても「生きて」と言うよ

さて、今夜もひねくれているあずあみですが、いかがでしょう。
少しは「まぁ、わかる」と思ってもらえる内容もあったのではないでしょうか。

私は、こんなにも「生きて」と言うことは悪いことだと思っています。
無責任でわがままで、これは地獄へ落ちるに値すると思っています。

それでも、私は「生きて」と伝えるでしょう。

地獄へ落ちるとわかっていても、地獄へ落ちてからでも、死にたいと言う人に「生きて」と言います。

私は、私の知り合った人全員に生きて欲しいんですよ。
大切な人はもちろん、通勤中にすれ違うだけのあの人や、たまたまこのブログにたどり着いたあなたにも、生きていて欲しい。

綺麗ごとに聞こえるかもしれませんね。
でも、たまには綺麗ごともいいでしょう。

世界の綺麗なところが見えずに死にたいと、そう思ってしまうなら。
あなたを私の綺麗ごとだけで生かしたい。
私の綺麗ごとだけを見て、聞いて、生きていて欲しい。
そこまで思います。

私は、祖母を自殺で亡くしています。
彼女は入水自殺だったそうです。

小学生だった私は「顔は見ないであげて」と言われるがまま、最期のお別れもできませんでした。

私は、はとこも自殺で亡くしています。
彼女が亡くなったのは、私と同じ中学生だったこともあり、葬儀は家族だけで行われました。
隠すように、静かに、彼女は葬られました。

私は、もしかすると人一倍、誰にも死んでほしくないと願っているのかもしれません。
私の大切な人にも、あなたにもです。

無責任に、わがままに、私はあなたに死んでほしくないのです。
愛のままに、わがままに、僕が君だけを傷付けなかったように。(わかる人、いますかね)

はい。今回の結論は、
死にたい人に「生きて」ということは悪いことだけど、私はやめない。
例え地獄へ落ちてからでも、生きてと伝え続けます。
ということです。

まず、私は目の前の大切な人から。
もしあなたも同志になってくれるのなら、あなたの目の前の人を。
生かしましょう。

一緒に地獄へ行きましょう。
ありがとうございました。

破壊的思想
あずあみをフォローしてください♡
お仕事のご依頼はこちらから

ライティングのお仕事よろこんでお受けします♡
お気軽にお問い合わせください!

愛と破壊の戦士あずあみ

コメントお待ちしております♡ お気軽にどうぞっ