やわらかい体温に触れたときの名前のないあの気持ちの正体について

愛について

あずあみです。

私は、以前うさぎさんと暮らしていたことがあります。ネザーランドドワーフっていう、今では少し有名になったうさぎさんです。知っている人も増えたのではないかと思います。
ピーターラビットのモデルでもある、らしいのですが、本当でしょうか?

彼女は、とっても穏やかで、やわらかくて、あたたかい子でした。

太陽のようなジリジリした強さはなく、陽だまりの中のぬくもり。優しい温度。早春の一瞬の南風。
そんなやわらかい体温です。

私は、彼女のような気持ちの良い生き物に触れると、なんとも言えない、たまらない気持ちになります。
同じような人、いるんじゃないかなぁ。

あの気持ち、何ていう名前があるんでしょうか。あの気持ちについて、考えてみます。

スポンサーリンク

溶けて、優しく混ざりあって、蒸発したい

うさぎの彼女は、私の部屋の中で自由に暮らしていました。

私が部屋へ入ると、喜びを全身で表現してくれます。私の足元をぐるぐるぐるっと走り回り、垂直にジャンプして、部屋中も駆け回って。顔を振り回して走るその姿は、もう全身全霊って感じです。

私があおむけに寝転ぶと、彼女は私の上にやってきます。

おなかの上にちょこんと乗り、私の洋服を彼女が座りやすいよう自身で整えると、満足したように腰をおろします。

私は、そんな彼女が愛おしくて愛おしくて、ただひたすらに撫でてやります。彼女の体温でおなかがぽかぽかして、やわらかくて小さくて、私の手に安心しきっている。私のほうも心地が良くなって、すっと穏やかな時間がやってきます。

そんな時、襲ってくるのがあの気持ちです。

なんとも言えない、たまらない気持ち。

夢うつつの、ぼんやりとした眠気をまとった、うっとりと甘い時間。その時間の中に存在するのは、私と、私の上でくつろぐ彼女だけ。

目を閉じると、このまま溶けて、混ざりあってしまうのではないかと錯覚する。
どうせ溶け合うのなら、一緒に蒸発したいという想い。

あの気持ち、なんと呼べばいいんでしょう。

愛しさで溢れる

うさぎの彼女は、私が横になっている時にもやってきたりします。時々、距離が近すぎて呼吸しにくいこともあります。

私の顔のそばにちょこんと座り、まぶしそうに目を細めます。ふるふる、と震え少し歯ぎしりをし、体をぐっと緊張させてから、やんわりとほぐします。

また、私は名前を知らないあの気持ちに支配されていきます。

愛しさが体中に満ちて、溢れそうになる時には、たまらないという表現が適切かもしれません。

すべての内臓を満たし、肘も、指先も、くるぶしも、足の裏も、髪の先までも、全て愛しさで充満して。体の中におさまらなくなって、放出される感覚。目には見えない、エネルギーだけの動き。

これが瞬時に行われるので、たまらない感覚があるのです。

激しい勢いのあまり、私が粉々に粉砕していく感覚。細胞よりも細かく、もっともっと細かく。私を打ち砕いてしまうのです。

幸せ、安らか、尊さ、いやもう言葉にならない、たまらない。

あぁ、この気持ちの名前は何なの!

愛なのか。愛と呼んでもいいのか。

ここではうさぎの彼女を例にしましたが、私は赤ちゃんや、だいすきな人に対しても同じように感じています。動物もだいすきなので、にゃんこやわんこにも感じます。

言葉にならない、たまらない、もうどうしようもない。

この気持ちに名前があるとするなら。

愛なのか。
めちゃくちゃで言葉にならない、この感情を愛と呼んでもいいのでしょうか。

でも、私が教わってきた愛は、私の知っている愛とは、もっと美しく、静かで、じっと見つめるような感情でした。
私の感じているこの気持ちとは、まったくの真逆なのです。

私の感情は、どちらかというと絶対的な力に圧倒され、涙さえ溢れそうになるのです。私はこの感情を前にして、ただただ平伏すのです。
こんな感情を、愛と呼んでもいいのでしょうか。

悩み葛藤した末、たどり着いたひとつの結論は、愛は自由だということでした。

愛は、自由です。

聖母マリアの微笑みのような愛も、
私の感じた衝動的な愛も、
あるいはそのほか様々なかたちの愛も、

すべて愛で、愛は自由なのだ

ということです。

十人十色の愛を知り、愛を理解し、愛を受け入れ、愛を考える。この過程こそ、愛なのかもしれないと思ったりします。

私も、この気持ちを愛と呼ぶことにします。自信を持って。