厳しさも愛?愛のある厳しさなど存在してたまるかっての

愛について
スポンサーリンク

あずあみです。

「愛しているからこそ厳しくする」

そんなことが、正当化されてはならないのです。
厳しい愛など存在しない。あり得ない。発想が恐ろしい。

愛のある厳しさなど存在しない。

それを証明してみました。

愛は恐怖と反対方向にある

愛を感じるとき、愛をかみしめるとき、愛を伝えるとき。
それはあたたかくて、優しくて、眠りにつく直前のような心地よさで、全身が満たされます。

ところが、厳しさはどうでしょうか。

厳しさを向けられた時には、耳にこびりついて離れない言葉、冷たく緊張する心、小さく黒くなっていく体を感じます。

厳しさを感じる時とは、恐怖を感じる時です。

愛と厳しさが共存することなどあり得るでしょうか。
愛と恐怖が共存することなどあり得るでしょうか。

愛は恐怖と反対方向にあります。

この2つが同じところに存在するなんて、とんでもない話です。

「厳しいこと」は愛がなくても言える

私が恐ろしく感じる思想の中のひとつが

「厳しいことを言ってくれる人には感謝しろ」

というものです。

「厳しいことを言ってくれる人は少ない、そのため大切にしなければならない」というのです。そんな…そんなふざけた話がありますか。

昨今のメディアを見ていてもわかるように、「厳しいこと」なんて、誰でも言えるのです。むしろ、優しいことを言うより簡単に言えるのです。

「厳しいこと」は、愛がなくても簡単に言えます。

仕事でも「愛があるから厳しいことを言うんだ」と聞かされることが多いですね。そうでしょうか。私は甚だ疑問に思います。そんなわけないだろうと。

愛という言葉を使ってごまかしている、自己防衛をしているとしか思えません。

だって、「本当は厳しいことを言いたくないけど、愛があるから、しょうがなく言っている」なんて、完全なる言い訳にしか聞こえませんよ。そうでしょ?

愛だと言うなら、愛のある言い方をすべき

誤解しないでほしいのは、私は単に「甘やかせ、なんでも許せ」と言っているのではないのです。

仕事を教える時、子どもをしつける時、さまざまなシーンで厳しくならざるを得ないことがあります。生きている人なら誰でも。

そんな時には、内容を妥協せず、愛のある言い方をしましょうねって話なんです。

例えば、綺麗な字を書く仕事をしていたとして、部下の字が汚いと注意するとき。

「汚い字で書くな。こんなことも教わらなかったのか。今まで何を考えて仕事をしていたんだ。早く書き直せ。」

「この字は読みにくいから、書き直して欲しい。今度からは同じミスがないように、注意して書いてくれると助かる。よろしくね。」

どちらも、字を書き直して欲しいこと、綺麗な字で書いてほしいこと、この2点を伝えています。

愛があるのはどちらでしょう。

厳しくすることが愛ではない

怒りにまかせて、さも「あなたのため」といった口調で、あなたに厳しく当たってくる人。そんな人に「感謝しなくては」と悩むのは、今この瞬間から、やめてください。

あなたが厳しいと感じるなら、それは愛ではないから。

厳しくしなくても、傷つかなくても、痛い思いをしなくても、私たちは学ぶことができます。考えることができる人間だから。言葉を理解できるから。ね。

愛のある厳しさなど存在しない。騙されて、苦しんではいけない。

あなたが厳しいと感じるのなら、相手は愛のない人なのです。愛のない人に愛を返そうと努力することは、とても苦しいことです。
無理に自分を責めず、諦めることも必要です。

一人でも多くの人の心が穏やかになりますよう。

愛について
スポンサーリンク
あずあみをフォローしてください♡
お仕事のご依頼はこちらから

ライティングのお仕事よろこんでお受けします♡
お気軽にお問い合わせください!

愛と破壊の戦士あずあみ