多目的トイレを使う必要のない「普通の人」が使うことについて

空想

あずあみです。

今日は、多目的トイレについて考えさせられる出来事を目撃しました。
それはまだ午前中のことでしたが、以降はそのことが気になって、1日考えてしまいました。

私の1日分の思い、書きます。

多目的トイレの具体的な目的とは

多目的トイレって、なんて曖昧な表現なんでしょう。
こういう、ふんわりした表現、好きですよ。

好きなんですけど、今回はちょっと具体的にしておきます。
多目的トイレの具体的な目的について。

多目的トイレは、車いすを使用する人や、介助を必要とする人が利用するというのは想像がしやすいでしょう。
トイレの中は広く、大きな車いすも十分に動くスペースがあります。
手洗い用の蛇口は低く作られているし、鏡も角度がつけられているので、車いすに座ったままでも使いやすい工夫がされていますよね。

多目的トイレには要所に手すりが取り付けられているので、足腰の弱い方でも安心して使うことができます。
立ち上がる時、移動する時に手すりを必要とする方も、多目的トイレを使用します。

また、手の指先が不自由な方も使いやすいトイレでしょう。
出入口が簡単な作りになっているし、使用中を示す鍵も簡単にできるようになっています。
通常のトイレでは、鍵の扱いが細かく難しい可能性があります。
そのため、多目的トイレは足だけでなく手が不自由な方も使用するということが考えられます。

車いすほどではありませんが、やはり広さが必要になるのはベビーカーを使っている方。
トイレの中は広く、またおむつを替えるためのシートが用意されています。
そのため、ベビーカーを使っている方も多目的トイレを使うでしょう。

そして、性自認に悩む方も使いやすい…とは言われていますが、私はこれについては疑問に思っています。
多目的トイレを使用している人、いるのでしょうか。

さて、私の小さな脳みそでパッと思いつくのは、このくらいです。
他にもあるかもしれません。

そして言っておきたいのは、多目的トイレはあくまでも「様々な人にとって使いやすいトイレ」であるということです。
様々な人の中には、当然、普通のトイレを使うことのできる人も含まれるでしょう。

誰でも使うことができるトイレなのです。

多目的トイレの順番を譲る女、現る

ここまで、多目的トイレの目的について話してきましたが、ここからが本題です。

多目的トイレは、誰が使ってもいいんです。この前提を忘れずに読んでください。

私が小さなショッピングモールのトイレに向かっていた時のことです。
そのトイレは、広い通りから少し離れた狭い通りを直進し、突き当りを曲がったところにありました。

突き当りを曲がると、右側に手前から男性用トイレ、女性用トイレ、突き当りに多目的トイレがあります。

さて、私が狭い通りを歩いていた時には、前に2人の女性がいました。
1番前を歩いていたのは、髪の長い中年の女性でした。
2番目を歩いていたのは赤ちゃんをおんぶしながら、ベビーカーを押している女性でした。

私たちは直進を終え、順番に突き当りを曲がり、トイレへ向かいました。
まず、中年の女性が向かったのは女子トイレ…ではなく、多目的トイレでした。
私が突き当りを曲がった時に、中年女性は多目的トイレのドアノブに手をかけ、扉をスライドさせていました。
それを見たベビーカーを押している女性は、順番を待つために多目的トイレの目前で止まります。
ベビーカーがあるので、多目的トイレを使いたいと思ったのでしょう。

そして、中年女性がドアを閉めるために振り返った時、手が止まりました。

ベビーカーの女性が目に入ったのでしょう。
彼女は扉を閉めようとしていた手を止め、少し困ったような苦笑いをし、ベビーカーの女性をサッとチェックしました。
ベビーカーに乗っている子どもと、女性、女性の背中にいる子ども。

そして、まごまごしながら、何か小さな声で言っているようでした。

私にも声が聞こえるくらいに近づいた時には、おずおずと多目的トイレから出てきて、「どうぞ、どうぞ」と満面の笑みで女性にトイレを譲っています。

ベビーカーの女性は「いえいえ、大丈夫です、お先にどうぞ」と断っていました。

しかし中年女性はその言葉も聞かず、そそくさと私の方(多目的トイレと真逆の方)へと向かってきました。

多目的トイレを譲った女の向かった先は

ベビーカーの女性に多目的トイレの順番を譲った中年女性。

なぜか私にも会釈をしながら、申し訳なさそうに女子トイレへ入っていきました。
順番を譲るなんて、思いやりのある方だなぁ、なんて思っていたのも束の間。

ん?

女子トイレに入ったぞ?

ベビーカーの女性は、女子トイレに消えた中年女性を待つわけにもいかず、そのまま多目的トイレへと入っていきました。

私は、もちろん女子トイレへ向かいました。
先にメイクを直してから用を済ませようと思い、メイクポーチを開きごそごそしていました。

鏡を見ながら笑顔の確認をして、個室へ入ろうと移動したとき、先ほどの中年女性とすれ違いました。

彼女は個室から出てきました。

私は個室へ入り用を足すと、(キモイですねすみません)手を洗い鏡を確認して、もう一回笑顔の確認をします。
その途中で、私の視覚に入ってきたのは例の中年女性です。
彼女はしっかりとメイク直しをし、私が笑顔のチェックをしている様を不気味そうに見ながら女子トイレから出ていきました。

不気味そうに、という表現は私の勘違いかもしれません。

その後、女性の姿は見えなくなりました。

さて、どうですか。

私が思うこと、感じること

まぁ、みなさま思うところはあるでしょう。
私も頭と心がいっぱいになりました。

あの中年女性は、多目的トイレを使用する必要があったのか。

でも、最初に話した通り、多目的トイレは誰でも使用することができます。
誰かの使用を禁止するトイレではありません。

あるいは、中年女性に見えたけれど、実は男性だったのかもしれません。
だから、女子トイレを使うことに少しためらいがあったということも考えられます。
また、実はトイレを済ませていなくて、フェイクで女子トイレに(個室まで)入ったのかもしれません。
私が見ていない時に再び多目的トイレに戻ったということも、ありえなくはないでしょう。

というかそもそも、多目的トイレは誰が使っても良いんです。

…って、考えれば考えるほど、私は気になって仕方がありませんでした。
私は何がひっかかっているんだ?と。

何が気に入らなくて、この出来事に、こんなにも心を奪われているのだろう?と。

1日考えてようやく、私は「多目的トイレは最終手段にするべき」と思っているんだとわかりました。

今回、女子トイレは全く混み合っていませんでした。
行けばすぐに個室に入ることができたし、メイクスペースにさえ誰もいませんでした。

そんな中、迷わず多目的トイレを使用することを選んだ中年女性に、私は多少なりとも腹を立てていたのです。

なぜなら、多目的トイレは通常すぐに譲ることは出来ないからです。

あえて、わざわざ、多目的トイレを使用する必要があるのか?と思うのです。

今回は奇跡的なタイミングで、ベビーカーの女性に多目的トイレを譲ることに成功しました。
しかし、これは稀なケースでしょう。
通常はトイレに入ったら外の様子をうかがうことはできず、多目的トイレしか選択肢のない方へ譲ることは困難です。

電車やバスの優先席と違う点はここでしょう。
いつでも譲れるからそれまで使う、というのは現実的ではないですよね。

私は、中年女性が通常のトイレを使用することは難しくなさそうに見えました。
私にそう見えただけで、本当のところは本人にしかわかりません。
さらに、本人に聞く勇気もなかった私は、妄想するしかありません。
この偏屈な迷妄が失礼になっている可能性もあります。

しかし、ベビーカーの女性に多目的トイレを譲ってから、多目的トイレに並ばなかったのはなぜか。
女子トイレに入り、個室にまで入り、メイク直しをして、何事もなかったかのように姿を消したのはなぜか。

可能性の問題ですが、恐らく彼女は通常のトイレを使うことができたのでしょう。と、どうしても思ってしまいます。

先ほども言ったように、私は「多目的トイレは最終手段にするべき」と考えます。
なので、その中年女性の行動が気になって仕方なかったんですね。

例えば、女子トイレ(あるいは男子トイレ)が大変に混み合っていて、すぐに多目的トイレを必要としている人が見当たらない場合。
こんなシーンであれば、多目的トイレを使用するのも仕方がないかもしれません。

それでも、今回のような場合、可能であれば最初から多目的トイレを使用するべきではなかったと思います。

なぜ私がこんなにも主張するのかというと。

私の母は、一時期完全に目が閉じていました。
恐らく精神的なものが原因ですが、目の筋肉が硬直し、指で無理矢理にこじ開けても、開きませんでした。

当時、小学生だった私は母のトイレに同行することがよくありました。

その時に、多目的トイレが大変に助かりました。
通常のトイレの個室は狭すぎて、小学生の私でも、大人の母親と入るのが難しいことがありました。

なぜか涙が出てきます。
これは、もう過去のことです。

つまり私は、多目的トイレは、多目的トイレしか選択できない方を優先してほしいと思うのです。

賛否あるでしょう。

今では、LGBTやらSOGIやら色々な言葉で表現されるようになった「性」に悩み葛藤する方たちの使用するトイレに関して、ようやくヒソヒソと話されるようになってきました。

そんな視点も交えて、みんなで考えるべき問題なのかもしれません。

どのトイレを使おうか、と迷ったことのない人にとってはくだらない話かもしれません。
でも、考えて欲しい。
私はそのためにブログを書いています。

たまには真面目っぽく終わります。終わり。

空想
あずあみをフォローしてください♡
お仕事のご依頼はこちらから

ライティングのお仕事よろこんでお受けします♡
お気軽にお問い合わせください!

愛と破壊の戦士あずあみ