花粉症でも春がだいすき!好きなものは好きって話

すき

あずあみです。

誰にでも、好きな季節がありますよね。
私は1年の中でも春が大好きです。好きな季節ナンバーワンです。だいすき。

でも、私、花粉症なんですよ。(ちゃんと検査したわけではないけれど)毎年、春になると目がかゆくて鼻水だらだら、頭やのどが痛いんです。これ、花粉症って感じしますよね?

こう考えてみると、春って私の苦手なものも多いんです。それなのに、春が好きって、どういうことなんだ?と。

気になったので考えてみた結果、

好きなものは好き。それはもうどうしようもない。

ってことがわかりました。

春の苦手なところ2つ

春が好きな私から見た、春の苦手なところは主に2つあります。
2つしかないけど、この2つが強烈にしんどいです。

①春は花粉症の人にとって地獄でしかない

私は埼玉県のド田舎に住んでいます。本当に田舎です。イメージとしては、もののけ姫みたいな感じです。ナウシカほど田舎じゃないです。ラピュタのイメージも近いです。

とにかく、生活環境が自然で満ち満ちているんですね!

この自然は大好きなのですが、私は花粉症(多分)なので、春は地獄です。毎日、花粉まみれになってしまうので、日常生活をするのも辛いくらいです。
私はお薬もあまり好きじゃないので、極力飲みません。だから余計きついです。

花粉症の人にとっての春は、まさに生き地獄です。

花粉症とは…アレルギーの一種。アレルギー反応を引き起こすアレルゲンが、スギやヒノキなど植物の花粉である場合、花粉症と言われる。花粉症を引き起こす植物の花粉は、現在わかっているだけで60種類も存在すると言われている。

②春は虫たちが元気もりもりで登場する

私は虫が苦手です。特に足が多い系は全部無理です。って、この文章を書きながら若干気分が悪くなるくらいに苦手です。

最近になって、私の苦手基準は足の数にあると気づきました。だから、みんなが「これくらいなら平気~」っていうダンゴムシとかもだめなんです。むしろそっちのがアウトというか。

春はね、そんな虫たちも、元気もりもり、気分うきうきで登場するわけですよ。

こんなとこにも、あんなとこにも、ひょっこりひょうたん島なんです。

田舎あるあるかもしれないですけど、春はとにかく虫が多い!夏も多いんですけど、冬から春への増加量が大きすぎるので、春の方がより虫を感じます。

虫が苦手な人にとって、春は全く気分が上がりません。

春のだいすきなところ

春が大好きだ!と感じるポイントも2つです。
嫌いなところも好きなところも同じ数なのにね、好きなんですね。

①春は終わりと始まりの季節

私が春を好きな理由のひとつです。
春はほかの季節に比べ、何かが終わり、何かが始まることの多い季節です。

私は何かを終わらせるのも、何かを始めるのもだいすきです。

そのため、終わりと始まりを強く感じる春がすきなんですね。

②春は命を強く感じる

先ほど、虫たちがハツラツと登場するっていう話をしましたが、春は虫だけの季節ではありません。

植物も、人間も、みんなの命を強く感じることのできる季節です。

木々が芽吹き、花が咲き、人は活き活きとする。この命を強く感じる、という印象は、春が最も強いです。

好きって理屈じゃないらしい

私は、春に対して、好きなところも嫌いなところも同数ありました。
同じ数あるから、好きでも嫌いでもないってなるのが普通の感覚ですよね。

むしろ、花粉や虫のことを考えると、物理的なデメリットが大きすぎるので、本来は「嫌い」と判断しても良さそうなところです。

それなのに、やっぱり私は春が好きです。

ということは、いくら嫌いなところを列挙しても、好きなものは好きっていうことではないでしょうか。説明できないけど、好きっていう。
この感覚は、ほかの人には理解できない部分かもしれません。だって、普通なら嫌いになりそうなものでしょ。私も、私を客観的に見たら「なんで春が好きなの?」って聞きたくなります。

でも、好きなものは好きです。

これ、人間関係でもそうですよね。
嫌なことをされても、だめだな~って思っても、好きになっちゃったら好きっていうの、ありますよね。

私にとって、春はそんな素敵な季節なんですね。

今年も、もう春が終わりかけです。
また1年我慢しないとですね。さみしいです。

すき
あずあみをフォローしてください♡
お仕事のご依頼はこちらから

ライティングのお仕事よろこんでお受けします♡
お気軽にお問い合わせください!

愛と破壊の戦士あずあみ